人形芝居のふるさとづくり

兵庫県政150周年記念事業

平成30年、兵庫県は成立150周年を迎えます。この節目にあたり、ふるさと兵庫を再認識し、新たな兵庫づくりを考える機会とするため、当該事業を実施します。

浜脇小学校

 2018年6月2日(土) 
 開場12:30~/開演13:00~

テーマ:「えびすかき」から「人形浄瑠璃」へ
 人形浄瑠璃街道推進事業 
人形芝居のふるさとづくり

主催:主催:西宮浜脇のふるさとづくり実行委員会・西宮市・公益財団法人西宮市文化振興財団
''協賛:戎座人形芝居館友の会、金田運輸株式会社’’
''協働:戎座人形芝居館、浜脇古老の会、西宮神社、県立西宮今津高校美術部、南あわじ市立南淡中学校、西宮市立浜脇中学校、西宮市立浜脇小学校、県立西宮香風高校、浜脇・香櫨園エココミュニティ会議、西宮中央商店街振興組合’’
後援:浜脇地区自治連合会、西宮市教育委員会、人形浄瑠璃街道連絡協議会、一般社団法人西宮青年会議所

 西宮の浜脇地域は、室町時代には首から箱を吊し、箱にしのばせた人形を操るくぐつ師がおりました。中でも、えびすさまの人形を操る「えびすかき」は、歌も芝居も上手かったそうです。私たちは「人形芝居のふるさとづくり」として、人形浄瑠璃の源流である「えびすかき」を地域の宝として、人と人との繋がりを確かめ広げるまちづくりを進めています。今年も中学生がそれぞれの故郷の伝統芸にチャレンジします。地域みんなで応援しましょう!

※スリッパ等の上履きをご持参ください。

 開演13:00~ 

大型紙芝居

浜脇小学校図書ボランティアBOOKS

''演目未定’’
浜脇小学校図書ボランティアBOOKS
 浜脇小学校図書ボランティアBOOKSのみなさんによる、リズミカルでユーモラスな紙芝居をお楽しみください。



伝統唄

酒造り唄

酒造り唄
‘’白鹿酒造り唄保存会’’
 古くから酒造りの際に杜氏さんたちの間で唄われてきた「酒造り唄」。仕込まれた酒は、まろやかな味わいになると言われています。今回は「酒造りのまち西宮」の酒蔵(浜脇地域の酒蔵である辰馬本家酒造)で伝統的に伝わってきた「酒造り唄」を白鹿酒造り唄保存会のみなさんが披露します。



えびすかき

えびすかき

えびすかき えびす舞
''人形芝居えびす座 ほか’’
 文楽や人形浄瑠璃のルーツである「えびすかき」の復活を目指し、このまちの伝統文化を掘り起こします。今回は、西宮青年会議所様のご協力のもと、「ちびっこえびすかき」も登場します!さて、何が釣れるかな?



人形浄瑠璃

西宮戎舞

西宮戎舞
西宮市立浜脇中学校生徒会
‘’指導:西宮戎舞研究会''

 「西宮版戎舞」を制作した西宮戎舞研究会指導による浜脇中学校生徒会の皆さんの戎舞です。




淡路人形浄瑠璃

日高川入相桜 渡し場の段

日高川入相桜 渡し場の段
''ひだかがわいりあいざくら わたしばのだん’’
南あわじ市立 南淡中学校 郷土芸能部
 南あわじ市立南淡中学校郷土芸能部のみなさんによる淡路人形浄瑠璃「日高川入相桜 渡し場の段」を上演します。安珍・清姫の道成寺伝説を題材とした五段続きの時代物で、藤原純友の反乱や皇位継承争いも絡む複雑な物語ですが、四段目の中の「渡し場の段」が最も有名です。人形操りの話や体験などもあります。中学生とは思えない義太夫節をお楽しみいただけます。

太神楽曲芸

太神楽曲芸

太神楽の曲芸と獅子舞
豊来家 玉之助
 西宮のえびすかきから伝わったとされる水戸神楽。その流れを踏む傘回し、皿回し等の曲芸に加え、太神楽の獅子舞も披露。



 会場の案内

 6/2(土) 開場12:30~/開演13:00~ 無料 
 会場:浜脇小学校・体育館 
会場へは、阪神西宮駅えびす口より南へ徒歩7分(下記地図参照)。
※駐車場はありませんので、電車・バスをご利用ください。

人形芝居のふるさとづくりの会場
 

 案内チラシ

人形芝居のふるさとづくり

 
案内チラシはこちらからダウンロードできます。(PDF約1.6MB)









around,Adobe Reader
 PDFを初めてご覧になる方は、左上の「Get Adobe Reader」のボタンをクリックし、説明に従いAdobe Readerをダウンロードして下さい。