戎座人形芝居館 文化祭

2016年3月27日(日)12:30〜15:30
※招福寄席(落語)は3月25日(金)19時より開催
会場:西宮神社(社務所)
入場無料(※寄席のみ有料) ※雨天決行

■主催:戎座人形芝居館
■後援:西宮神社、西宮古老の会、戎座人形芝居館友の会、西宮市、西宮市教育委員会
(※西宮市と同教育委員会後援は3月27日実施の事業に限ります)
■協力:西宮神社、西宮文化協会、浜脇自治連合会、西宮古老の会、戎座人形芝居館友の会、西宮中央商店街振興組合、阪神西宮駅南地区景観まちづくり協議会

地域の伝統芸能の継承と復活〜西宮の創造的復興を目指して

えびすかき

 戎座人形芝居館は、「ふっくらとした潤いのあるまち西宮」を目指し、人と人をつなぐことを命題にして活動しています。昔は、まちの芸能と文化の中心であった「西宮神社」。そこを拠点に、人形浄瑠璃の源流と言われる「えびすかき」の再興を基軸にして、地域伝統芸能の継承と創造的復活を試みています。
 主な活動は【1】次世代にまちの伝統芸能をつなぐ「西宮・浜脇のふるさとづくり」、【2】まちかどのコミュニケーションを取り戻す「大道芸祭り」、【3】日本の心を伝える「伝統芸能の継承・創造的復活の文化教室」です。
 この文化祭は、【3】の伝統芸能文化教室で取り組んだ一年の成果を発表するものです。さらに、今年は、50年前に取り組み、現在は中断されている「西宮の獅子舞」の復活の可能性を探ります。
 この文化祭で発表するのは、小学生から80歳に至る老若男女。成果をご覧いただき拍手を送ってください。そして、「私も楽しみたい、チャレンジしたい」と参加者が増えますことを祈っております。

 内  容 
えびすかき「えびす舞」「三番叟まわし」・人形浄瑠璃「西宮戎舞」・大蔵流 狂言・くらしの生け花・落語(招福寄席)

 会場マップ

会場マップ

西宮神社
西宮市社家町1-17
TEL 0798-33-0321
・阪神本線「西宮駅」えびす口より徒歩5分
・JR神戸線「さくら夙川駅」より徒歩8分



問い合わせ:
人形芝居えびす座(ともも内)にて。TEL 0798-39-1723(土日祝休/10:00~18:00)


 番組表(3月27日【日】)

 会場 社務所2階大広間

 時 間  演 目  出演者 
 12:30〜    オープニング    主催者挨拶
 12:40〜    「三番叟まわし」、えびすかき「えびす舞」    人形芝居えびす座
 13:10〜    人形浄瑠璃 「西宮戎舞」    西宮戎舞研究会
 13:40〜    獅子舞  大升獅子神楽団 大升亨秀
 14:20〜    狂 言   西宮酔揺会
 15:30    終 了   


 会場 社務所1階ロビー

 時 間  演 目  指導 
 12:30〜15:30    くらしの生け花 展示    池坊講師 藪崎 真知子

小学生から大人までの力作をご覧ください。

 番組表(3月25日【金】)

 会場 社務所2階大広間

 時 間  演 目  出演者 
 19:00〜    落語(招福寄席)    笑福亭 喬介/桂 かい枝

落語「お楽しみ」3席 ※有料:500円

 番組の紹介

 えびすかき「えびす舞」

人形芝居えびす座

人形芝居えびす座
  12:40〜 
 文楽や人形浄瑠璃の源流と言われる「えびすかき」を再興しています。今回はご祝儀「えびす舞」の他に、人形芝居えびす座の新しい演目として、五穀豊穣を祈って舞う「三番叟まわし」を披露します。

 人形浄瑠璃 「西宮戎舞」

西宮戎舞研究会

西宮戎舞研究会
 13:10〜 
 1体の人形を3人で操る人形浄瑠璃。淡路人形浄瑠璃から学び、演目「戎舞」を西宮の伝説を元にした「西宮戎舞」を演じています。また、毎年「西宮・浜脇のふるさとづくり」では、浜脇中学校の生徒たちとの交流を実施しています。

 獅子舞

大升獅子神楽団

大升獅子神楽団 大升亨秀
 13:40〜 
  西宮神社の氏子青年会「若戎会」には2柱の御獅子があります。今は誰も舞うことができませんが、50年ほど前に獅子舞をつくりました。それは、故・吉井権宮司さまがその活動を支援し、滋賀県のある神社に伝わる獅子舞を習ったそうです。
 今回は、その舞を知っている前田栄蔵氏に当時のことを伺いなら、また、地域で新しく神楽団を創設した芦屋市大桝町の獅子舞を見せていただき、其の活動の内容も伺います。
 2柱の御獅子をかざり、地域のみなさまにご覧いただきます。今回は、まずは若戎会のみなさんや、地域のみなさんにその存在を知っていただき、復活の可能性を探ります。

 狂 言

西宮酔揺会

西宮酔揺会
指導:大蔵流狂言師 善竹 忠重
 14:20〜 
◎大蔵流狂言「痿痢(しびり)」
◎狂言手ほどき「ちょっと狂言」
◎大蔵流狂言「仏師(ぶっし)」
※袴狂言にて上演
大蔵流狂言師の善竹忠重氏の指導により、1年間に4回、能舞台で狂言を演じています。伝統芸能の「お笑い」を是非聴いてみてください。

 落語(招福寄席)

笑福亭 喬介

笑福亭 喬介
  3月25日(金) 
  19:00〜 
 阪神間では数少ないプロの落語家による定期公演の場として親しまれている招福寄席。ここの主役は、笑福亭喬介さん。今回はどんな演目で笑わせてくれるでしょうか。

文化祭の上演案内チラシはこちら

今回の文化祭には楽しい演目がいっぱい!
チラシはこの下↓からダウンロードできます。
★文化祭チラシ表面【2016年】(PDF約0.8MB)
★文化祭チラシ裏面【2016年】(PDF約1.4MB)

文化祭2016チラシ表面
文化祭2016チラシ裏面


















Adobe Reader
 PDFを初めてご覧になる方は、左上の「Get Adobe Reader」のボタンをクリックし、説明に従いAdobe Readerをダウンロードして下さい。