文化祭-201803

戎座人形芝居館 文化祭

2018年3月21日(水・祝)13:00〜15:10
※招福寄席(落語)は3月23日(金)19時より開催
会場:西宮神社(社務所)
入場無料(※寄席のみ有料) ※雨天決行

■主催:戎座人形芝居館
■協力:西宮神社、西宮文化協会、西宮古老の会、戎座人形芝居館友の会、西宮中央商店街振興組合

地域の伝統芸能の継承と復活〜西宮の創造的復興を目指して

えびすかき

 戎座人形芝居館は、「ふっくらとした潤いのあるまち西宮」を目指し、人と人をつなぐことを命題にして活動しています。昔は、まちの芸能と文化の中心であった「西宮神社」。そこを拠点に、人形浄瑠璃の源流と言われる「えびすかき」の再興を基軸にして、地域伝統芸能の継承と創造的復活を試みています。
 主な活動は【1】次世代にまちの伝統芸能をつなぐ「西宮・浜脇のふるさとづくり」、【2】まちかどのコミュニケーションを取り戻す「大道芸祭り」、【3】日本の心を伝える「伝統芸能の継承・創造的復活の文化教室」です。
 この文化祭は、上記【3】の伝統芸能・文化教室で取り組んだ一年の成果を発表するもので、今回で5回目となります。具体的には、えびすかきや人形浄瑠璃、狂言の実演や、生け花の展示を社務所にて実施します。今は、西宮神社の獅子舞の再興にも取り組んでいます。
 この文化祭で発表するのは、小学生から80歳に至る老若男女。成果をご覧いただき拍手を送ってください。そして、「私も楽しみたい、チャレンジしたい」と参加者が増えますことを祈っております。

 内  容 
えびすかき「えびす舞」・人形芝居 三人遣いによる「西宮戎舞」・獅子舞・和太鼓「えびすの杜」ほか・大蔵流 狂言・くらしの生け花・落語(招福寄席)

 会場マップ

会場マップ

西宮神社
西宮市社家町1-17
TEL 0798-33-0321
・阪神本線「西宮駅」えびす口より徒歩5分
・JR神戸線「さくら夙川駅」より徒歩8分



問い合わせ:
人形芝居えびす座(ともも内)にて。TEL 0798-39-1723(土日祝休/10:00~18:00)


 番組表(3月21日【水・祝】)

 会場 社務所2階大広間

 時 間  演 目  出演者 
 13:00〜    オープニング    主催者挨拶
 13:05〜    えびすかき「えびす舞」    人形芝居えびす座
 13:25〜    人形芝居 三人遣いによる「西宮戎舞」    西宮戎舞研究会
 13:55〜    獅子舞  八多獅子舞講
 14:10〜    和太鼓「えびすの杜」ほか  県西太鼓「爛漫」
 14:40〜    狂 言   西宮酔揺会
 15:10    終 了   


 会場 社務所1階ロビー

 時 間  演 目  指導 
 13:00〜15:00    くらしの生け花 展示    池坊講師 藪崎 真知子

小学生から大人までの力作をご覧ください。

 番組表(3月23日【金】)

 会場 社務所2階大広間

 時 間  演 目  出演者 
 19:00〜    落語(招福寄席)    笑福亭 喬介/笑福亭 鶴二

落語「お楽しみ」3席 ※有料:1000円(学生500円)

 番組の紹介

 えびすかき「えびす舞」

人形芝居えびす座

人形芝居えびす座
  13:05〜 
 文楽や人形浄瑠璃の源流と言われる「えびすかき」を再興。しかし当時の資料も乏しい中、再興は困難を極めました。結局、昔西宮から淡路に伝わった三人遣いの人形浄瑠璃「戎舞」から原型を求め、発声も大蔵流狂言を参考にし、また当時の絵図から衣装を創作するなどして創り上げたのが平成のえびすかきによる「えびす舞」です。

 人形芝居 三人遣いによる「西宮戎舞」

西宮戎舞研究会

西宮戎舞研究会
 13:25〜 
 1体の人形を3人で操る人形芝居。淡路人形浄瑠璃から学び、演目「戎舞」を西宮の伝説を元にした「西宮戎舞」を演じています。また、毎年「西宮・浜脇のふるさとづくり」では、浜脇中学校の生徒たちとの交流を実施しています。

 獅子舞

八多獅子舞講

八多獅子舞講
 13:55〜 
  芦屋市で神楽団を創設し、小学校や高齢者福祉施設、企業の新年会や結婚式などを中心に活動しています。獅子舞や南京玉すだれを、音方(三味線・篠笛・太鼓・鉦など)で盛り上げて、賑やかに華やかに演出します。

 和太鼓「えびすの杜」ほか

県西太鼓「爛漫」

県西太鼓「爛漫」
 14:10〜 
   和太鼓チーム「爛漫」は、兵庫県立西宮高等学校 邦楽部の和太鼓班の名称で、2014(平成26)年に発足した、西宮市内の高校では唯一の和太鼓チームです。現在、文化祭や学校説明会での演奏、地域の夏まつりや様々なイベントでの演奏など、活動も広がってます。また、「邦楽教室」も始め、地域の方々とともに篠笛・尺八・和太鼓の演奏を楽しみながら交流を深めています。

 狂 言

西宮酔揺会

西宮酔揺会
指導:大蔵流狂言師 善竹 忠重
 14:40〜 
◎大蔵流狂言「痿痢(しびり)」
''◎大蔵流狂言「柑子(こうじ)」’’
※袴狂言にて上演
大蔵流狂言師の善竹忠重氏の指導により、1年間に4回、能舞台で狂言を演じています。伝統芸能の「お笑い」を是非聴いてみてください。

 落語(招福寄席)

笑福亭 喬介

笑福亭 喬介
  3月23日(金) 
  19:00〜 
 阪神間では数少ないプロの落語家による定期公演の場として親しまれている招福寄席。ここの主役は、笑福亭喬介さん。今回はどんな演目で笑わせてくれるでしょうか。

文化祭の上演案内チラシはこちら

今回の文化祭には楽しい演目がいっぱい!
チラシはこの下↓からダウンロードできます。
★文化祭チラシ表面【2018年】(PDF約1.1MB)
★文化祭チラシ裏面【2018年】(PDF約1.6MB)

文化祭2018チラシ表面
文化祭2018チラシ裏面


















Adobe Reader
 PDFを初めてご覧になる方は、左上の「Get Adobe Reader」のボタンをクリックし、説明に従いAdobe Readerをダウンロードして下さい。