乳腺よもやま話 №54 遺伝性乳がんの治療【さきたクリニック 先田 功 (外科・乳腺専門医・医学博士)】(174号)

乳腺外科 さきたクリニック
ヘルスコラム

 遺伝性乳がんは全乳がんの5-10%と言われています。生まれつきBRCA遺伝子に異常があり、生涯に80-90%の確率で乳がんに、30-40%の確率で卵巣がんになります。何もしなければ通常の寿命より短くなります。日本乳癌学会は今年診療ガイドラインを改定し、遺伝性乳がん患者の予防的乳房、卵巣切除を強く推奨するように変更しました。
 また今年遺伝性乳がん患者を対象とする新薬が承認されました。遺伝性乳がんは時として悪性度が高くなり転移再発しやすくなります。しかしこのBRCA遺伝子異常に対して特異的に効く薬が開発されました。これからは遺伝子異常に則した薬がどんどん開発されていきます。乳がんだけでなく様々のがんでより個別的治療が可能となります。
 そう遠くないうちにがん撲滅の日が来ることを願ってやみません。

外科・乳腺専門医 さきたクリニック 先田 功 (医学博士)
西宮市和上町2-35-101(阪神西宮駅西すぐ)
TEL0798-26-1222 http://www.sakitaclinic.com

関連記事一覧