招福寄席

戎座招福寄席

笑福亭 喬介

 阪神間では数少ないプロの落語家による定期公演の場として親しまれている戎座招福寄席。西宮神社の門前町にあった戎座人形芝居館で産声をあげた当寄席は、今は会場を西宮神社社務所2階に移し、ますます地域の皆さまに愛され続けています。ここでの主役は、笑福亭三喬さんの弟子である笑福亭喬介さん。若手ながらも独特のキャラと噺し方で、月に1回(毎月第4金曜日)観客を楽しませてくれます。このたび、「第53回なにわ芸術祭」落語部門の「新進落語家競演会」で新人賞を受賞されました!



開催日と時間

西宮神社

 ●2017年6月23日(金) 19時〜 500円 
第4金曜は落語の日!

 西宮神社にて開催! 
主催:人形芝居えびす座
 笑う門には福来たる招福寄席!
 景気の低さや、世間の世知辛さは「笑い」で吹き飛ばしましょう!
 高座の落語の迫力、落ち着いた畳敷きの空間で味わえる笑いの世界をお楽しみください。
 

喬介さんの一席

笑福亭 喬介

出演:笑福亭 喬介
題目:お楽しみ

 平成23年第1回繁昌亭ドリームジャンボコンテスト小枝杯5Rチャンピオン、平成24年第2回繁昌亭ドリームジャンボコンテスト小枝杯5Rチャンピオンと、さらに「第53回なにわ芸術祭」落語部門の「新進落語家競演会」で新人賞と、年を追うごとにメキメキと力をつけてきた笑福亭 喬介さん。たまに噛むのむ愛嬌のうちですね〜。さて今回は、どんなお笑いを演じるのか…お楽しみ〜。



2017年6月のゲスト

桂 米紫

出演:桂 米紫
題目:お楽しみ

 今回は、米朝一門の落語家「四代目 桂米紫(かつらべいし)」さんの登場です。新作から人情噺まで持ちネタも豊富で、おなじみの古典落語にも他の演者とは違う独自の味をにじませます。芸人らしい愛嬌の中に、米朝一門としての芸の確かさと、ざこば一門譲りの情熱とパワーを併せ持つ、若手熱血実力派落語の第一人者です。




ワンコイン制(500円)
問い合わせ:TEL0798−39−1723(有限会社ともも/10時〜18時 日曜休)
主催:人形芝居えびす座

現在、予約は承っておりません
小学生以上は有料となります。
※乳幼児(3歳以下)の方はご入場できません。
※釣り銭が不足しております。一万円札では受け付けできませんので500円硬貨をご用意ください。
※畳敷きの会場のため、椅子席はご用意できません。
※会場内でのご飲食は固くお断りします。また、壁やふすまに、もたれかかることはご遠慮ください。
2016年12月現在 


会 場

西宮神社会場マップ
西宮神社会館入り口

西宮神社 社務所2階大広間
※阪神西宮駅「えびす口」より南西へ徒歩5分

◎会場は西宮神社社務所の2階大広間です。ご来場の際は、神社会館入口から入出場してください
※他の出入口は夜間は閉鎖されます。

※お車でお越しの方は、地図内の黒い矢印に沿って指定の駐車場に停めてください。
※神社会館入口付近は駐車厳禁です!







笑福亭喬介さんが毎日新聞に掲載されました!

毎日新聞記事

 「招福寄席」レギュラー出演の笑福亭喬介さんが、このたび毎日新聞に掲載されました。入門12年目を迎えて、「らしさ」全開で波に乗る喬介さん。師匠の笑福亭三喬さんから教わった古典落語を、いかに自分なりに工夫を加えるようになったのかの経緯などが紹介されています。この記事を読むと、招福寄席での噺もますます面白く感じられるかも。

★記事の内容は、右の画像をクリックするか、下記リンクからご参照ください。

 掲載記事

記事内容はこの下↓からダウンロードできます。
★毎日聞記事のダウンロード(PDF約0.3MB)

Adobe Reader
 PDFを初めてご覧になる方は、左上の「Get Adobe Reader」のボタンをクリックし、説明に従いAdobe Readerをダウンロードして下さい。