内科・外科・皮膚科・性感染症内科・肛門外科

この街の人気ドクターの先生方による健康のための情報をお届けします。

内科・外科・皮膚科・性感染症内科・肛門外科 西川医院
内科・外科・皮膚科・性感染症内科・肛門外科

エコー検査で胆嚢(たんのう)を調べておくメリット【西川医院 西川 宏信(日本外科学会 外科...

このコロナ禍で熱が出たとなると、どこも発熱外来受診になりコロナ感染を除外してからの診察となるのですが、お腹が痛くて熱が出た時にコロナ感染ではないだろう...

内科・外科・皮膚科・性感染症内科・肛門外科 西川医院
内科・外科・皮膚科・性感染症内科・肛門外科

新しい時代に沿った安心できる診療所を目指して【西川医院 西川 宏信(日本外科学会 外科専門...

このコロナ禍ですがワクチン接種もぼちぼち進んで、なんとか第5波も落ち着きそうな雰囲気ですが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。このご時世に、やはり感染対...

内科・外科・皮膚科・性感染症内科・肛門外科 西川医院
内科・外科・皮膚科・性感染症内科・肛門外科

mRNAワクチンが拓く未来の医療技術【西川医院 西川 宏信(日本外科学会 外科専門医)】(184号)

コロナウィルス用mRNAワクチンは「ウィルスが人の細胞に取り付く足の部分のみに抗体を作らせて、この抗体がウィルス退治に有効になる」と言う、これまでにな...

内科・外科・皮膚科・性感染症内科・肛門外科 西川医院
内科・外科・皮膚科・性感染症内科・肛門外科

免疫を獲得させる遺伝子ワクチンの仕組み【西川医院 西川 宏信(日本外科学会 外科専門医)】...

コロナ禍を改善させる一手として、ワクチン接種が現実的になってきました。そのワクチンですが、今までにない新しい仕組みによるワクチンが今回使用されることに...

内科・外科・皮膚科・性感染症内科・肛門外科 西川医院
内科・外科・皮膚科・性感染症内科・肛門外科

これから熱が出るようなことがあった場合【西川医院 西川 宏信(日本外科学会 外科専門医)】...

ある日突然、もしくは段々と熱が出るようなことがあった場合、今年はインフルエンザ対策に加えコロナ対策を講じる必要があります。まずはかかりつけの診療所に電...

内科・外科・皮膚科・性感染症内科・肛門外科 西川医院
内科・外科・皮膚科・性感染症内科・肛門外科

期待される新ワクチン【西川医院 西川 宏信(日本外科学会 外科専門医)】(181号)

昨今すっかり有名な疾患となってしまった新型コロナウイルス感染症ですが、そろそろ「Withコロナ」や「Afterコロナ」と言う状況に変わりつつあるようで...

内科・外科・皮膚科・性感染症内科・肛門外科 西川医院
内科・外科・皮膚科・性感染症内科・肛門外科

新型コロナウィルス【西川医院 西川 宏信(日本外科学会 外科専門医)】(180号)

新型コロナウィルスは未知のウィルスということですが、コロナウィルス自体はもともと風邪の原因となるありふれたウィルスです。ただ、今回の「新型」は致死率が...

内科・外科・皮膚科・性感染症内科・肛門外科 西川医院
内科・外科・皮膚科・性感染症内科・肛門外科

最近の高齢者医療に思うこと ②【西川医院 西川 宏信(日本外科学会 外科専門医)】(179号)

前号では、終末期の医療の現実(辛い治療)についてをお話しました。今回はその続きをお話します。 最近、高齢になり食事も飲み込めない状態になって入院した外...

内科・外科・皮膚科・性感染症内科・肛門外科 西川医院
内科・外科・皮膚科・性感染症内科・肛門外科

最近の高齢者医療に思うこと ①【西川医院 西川 宏信(日本外科学会 外科専門医)】(178号)

人は日々老いるごとに様々な臓器が弱ってきて、多くの場合は老化に伴う臓器不全で寿命を全うする事が多いと思います。その多くの人の死を見つめていくのは、医療...

内科・外科・皮膚科・性感染症内科・肛門外科 西川医院
内科・外科・皮膚科・性感染症内科・肛門外科

睡眠導入剤の危険性を知る【西川医院 西川 宏信(日本外科学会 外科専門医)】(177号)

前号では、理想的な睡眠を取る方法をお話しました。正しい睡眠サイクルを守ることで、認知症の予防につながり、体の反応をよくすることで事故を防いだり、糖尿病...