特集 夏えびす(177号)
「えべっさん」で親しまれている西宮神社では、7月10日の「沖恵美酒神社(通称・あらえびす)祭」を中心に、7日の「七夕天の川」や9日・10日の「あらえびす夜まつり」、20日の「えびす万燈籠」など、「夏えびす」としてえびすの森を彩るロマンチックなお祭りが続きます。ふるさとの風物詩として次世代に伝えていきたいもの。夏の夕べ、涼しげな夏えびすに出掛けてみませんか。
ともも人物図 【レコーディング エンジニア 長島 直乗(なおのり)
】聴く人が心地よい音(演奏)をつくります(177号)
音楽CDは、演奏者とレコーディングエンジニアと呼ばれる音づくりの編集者によって作られていきます。あらゆるジャンルを手がけ、チーフエンジニアとして数多の作品を世に出し、プロのミュージシャンから指名がかかる長島さん、実は400年続くお寺のお坊さんでもあるのです。
まちの小道 №48 阪神打出駅 R43号南側 南宮町あたり(177号)
打出駅から南に43号線を渡ってさらに南に。手をかけた地元密着の暖かなお店が並びます。

新着情報

・2019年6月24日(月) 次号ともも178号は9月16日(月)発刊予定です。
・2019年6月24日(月) ともも177号を発刊しました。

この街の人気ドクターの先生方による健康指南コラム。とももの人気コーナーです。

内科・外科・皮膚科・性感染症内科・肛門外科 西川医院
ヘルスコラム

睡眠導入剤の危険性を知る【西川医院 西川 宏信(日本外科学会 外科専門医)】(177号)

前号では、理想的な睡眠を取る方法をお話しました。正しい睡眠サイクルを守ることで、認知症の予防につながり、体の反応をよくすることで事故を防いだり、糖尿病...

婦人科・女性内科 こじまクリニック
ヘルスコラム

専門医が教える不妊症 ④ 排卵誘発法【こじまクリニック 小嶋 哲矢(医学博士)】(177号)

今回は「排卵誘発法」についての話です。排卵のタイミングを知るとき、基礎体温表を参考にしたり、超音波検査で卵巣の状況を観察したりします。月経から排卵まで...

リハビリテーション科・内科・胃腸科 ほづ医院
ヘルスコラム

便秘症【ほづ医院 保津真一郎(内科医師)】(177号)

高齢者は便秘により腸閉塞になることがあります。便秘の薬は便を柔らかくする「浸透圧性下剤」の「酸化マグネシウム」と腸を刺激して動かす「刺激性下剤」の「セ...

リハビリテーション科・内科・胃腸科 ほづ医院
ヘルスコラム

インフルエンザと高齢者【ほづ医院 保津真一郎(内科医師)】(176号)

高齢者は免疫力が低く、インフルエンザにかかりやすく、重症化しやすいので注意が必要です。 厚生労働省によると、70才以上の高齢者の場合で、インフルエンザ...